サービスアパートメント vs ホテル

サービスアパートメント vs ホテル
10 Oct 2017

数々の種類の宿泊施設が多い現在、「実際どれがいちばんいいの?」と思われる方は少なくないと思います。

今回は、サービスアパートメントとホテルを比較分析していきます。

サービス

ホテルは、高レベルのホスピタリティと、サービスを提供します。お客様が空腹を感じた時のルームサービスや、毎日新しいシーツで心地よく就寝してもらうためのリネン交換や定期清掃、お客様が困ったときにお手伝いをするフロントデスクや、コンシェルジュ等、様々な面での対応が可能です。一方サービスアパートメントでは、リネン交換や定期清掃が毎日行われることはあまり多くありません。サービスアパートメント企業により誤差はありますが、たいていの場合、週1回のリネン交換と定期清掃が基本的です。フロントデスクやコンシェルジュも、「サービスアパートメントとは」という記事で紹介したアパートホテル等、ビルを一等丸ごと所有したタイプのサービスアパートメントならスタッフが常に在中していますが、多くの場合電話で対応してくれる形です。簡単に言うならサービス面ではは、ホテルの「泊まる」というコンセプトよりも一定の期間「住む」という認識が最も適しています。「清掃やリネン交換といえど、毎日他人が自分の部屋に入るのは嫌だ。」という人や、「毎日の清掃で廊下に常に人がいて物音が気になる。」という人はサービスアパートメントの利用がおすすめです。

2017-05-13-07-54-08

値段

サービスアパートメントはホテルに比べて高いコストパフォーマンスが望めます。ホテルでは基本的に一泊15,000円~20,000円となかなか高額になってしまうところ、サービスアパートメントは一般の物件を改装していたりするところが多く、低コストで運営できることができるため、低い価格帯での提供が可能になっています。

サービスアパートメントのホテルとの「大きな違い」

サービスアパートメントは、「暮らすように泊まる」を大きなコンセプトとしています。宿泊のみを考えて作られているホテルには、キッチンや、食器、リビングルーム等の設備があまり含まれておらず、さらに含まれているものだとかなり高額になってしまいます。サービスアパートメントはアパートメントの一種ですので、それらの設備がしっかりしていて、住宅により近い状態で提供されます。値段もかなり低めに設定されているため、長期の滞在や、自分の空間を持ちたい方に適しています。

多くのサービスアパートメントに含まれるもの:

  • 設備の整ったキッチン
  • ベッドや布団などの寝具と必要なスペース
  • リビングエリア
  • お風呂やシャワー
  • テレビ、インターネット等、最新の物件用の設備
  • 公共料金が含まれた賃料
  • 1週間に1回かそれ以上のハウスキーピング(要望に応じてより頻繁なハウスキーピングも可)

法人向けマンスリーアパートメント vs ホテル

法人向けマンスリーアパートメントとは、ホテルや一般のサービスアパートメントよりマンスリーマンションに近く、月単位での宿泊がほとんどです。また、定期サービス(清掃、タオル、シーツ交換)を提供をしないことにより普通のサービスアパートメントより低価格で宿泊ができるため長期出張や、他企業との中長期合同プロジェクトなどお客様の来訪用に適しています。法人契約も可能で、ビジネスホテルや、ホテル、民泊に泊まるよりも企業の予算を削減することができます。

MetroResidences

キャプチャfuffj

MetroResidencesでは、物件の検索から、予約まですべてを行うことができます。質の高い法人用サービスアパートメントを掲載し、どのサービスアパートメントにご入居いただいても、MetroResidencesのフロントデスクサービスを受けることができます。一般の物件のようなサービスアパートメントからホテルと併設されたレジデンスタイプのものまで幅広い掲載物件から選ぶことができます。

MetroResidencesで理想のサービスアパートメントを探す

share

Chelsea K

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *