物件オーナーがメトロレジデンスで高い賃貸収入を得る方法

物件オーナーがメトロレジデンスで高い賃貸収入を得る方法
15 May 2017

今すぐにアセットマネージメントチームに相談する↓

[email protected]

 

メトロレジデンスを通して、空き物件を法人用サービスアパートメントに変える物件オーナーが増えています。

しかし、まだ一部の所有者はこのプロセスを躊躇しているかもしれません。

所有者にとって面倒なくスムーズなプロセスになるようメトロレジデンスは支援いたします。

高品質なクオリティを維持するために、登録される物件は全てメトロレジデンスの最低物件基準を満たさなければなりません。

もし、物件が基準に満たされないと判断された場合、メトロレジデンスはアイテム提供、または修理などを行い、費用を所有者にご請求させていただきます。

 

不動産資産所有者が企業賃貸を行うべき理由 (バケーションレンタルではなくて)

ホームシェアリングのマーケットは急速に拡大しています。

そんな中、メトロレジデンスでは法人向けのサービスアパートメントを提供しています。

法人ゲストの平均滞在期間は1〜4ヶ月。物件の管理は全てメトロレジデンスが行います。個人オーナーの方でもご安心いただけます。

 

1.安定した高収入 — 30%アップ可能

バケーションレンタルとは違って、当社の法人顧客は長期滞在がほとんど、平均滞在期間は3ヶ月です。滞在目的はバケーションではなく、短期間のプロジェクトのために来日をします。計算をすると、所有者は平均約3泊のバケーションレンタル滞在に比べて大きな収入保証を得ることが可能となります。

2.滞在する出張者はホテルではなく、マイホームのように物件を扱う。

メトロレジデンスのテナントは、ステータスのある会社から一時的に日本に赴任してきたミドルからシニアマネージメントクラスの方がほとんどとなります。ホテルのようにお部屋を利用する観光客とは違うのです。長期滞在をするため、家の管理はもちろん、近隣住民を尊重し、お部屋でパーティーなどをして物件にダメージを与えることなどはありません。また、メトロレジデンスは予期せぬ事態を防ぐため、テナントから保証金を確保しています。

3.面倒な部分はメトロレジデンスにお任せください。

チェックインとチェックアウトはメトロレジデンスが全て把握して管理します。チェックアウト後はメトロレジデンスがお掃除をします。フロントデスクのスタッフがテナントのニーズに対応をして、管理業務及びハウスキーピング業務はメトロレジデンスによって提供されます。また生活空間をよく保つため、1週間に1回のハウスキーピングも行います。

今お持ちの物件がメトロレジデンスのサービスアパートメントに適していると感じたら、ご遠慮なくご相談ください!

 

[email protected]

share

Chelsea K

Comments

  1. 上記のメールアドレスに相談内容をお送りした所、エラーで返ってきました。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *