Japan


住宅宿泊仲介業者が民泊新法について考えてみた。
31 Jul 2017

住宅宿泊仲介業者が民泊新法について考えてみた。

更新日2017/07/31 「民泊新法によりなにが合法化され、なにが違法か気になる」 「宿泊事業をしてみたいが迷っている」 「民泊はすべて違法ではないか?」 この記事はそんな方に向けて書いています。 弊社MetroResidencesは民泊+マンスリーの運営方法を促進しています。 当サイトの最低滞在はマンスリーのため、民泊とは異なりますが、両方を活用した運営方法が現在注目しております。 民泊新法は年間180日しか営業できないため、残りをどう埋めるか、マンスリー優先の運営か、どちらを選ぶのかが今後の鍵です。


この物件をMetroResidencesに掲載できますか??
06 Jul 2017

この物件をMetroResidencesに掲載できますか??

せっかく物件を運用するのであれば高収入がいいですよね。 経済の状況が芳しくない今、賃貸収入の重要度はますます上がってきています。 賃貸料を増やすためのAirbnbやHomeawayのようなバケーションレンタルのプラットフォームはたくさんありますが、複数のプラットフォームの管理、毎日のチェックインとチェックアウト、ハウスキーピングとゲストとの連絡などたくさんの時間を費やしてしまいます。 物件オーナーの皆さんには、フルタイムの仕事、家族的義務や友人との約束など賃貸収入得るために使える時間が限られています。 彼らが必要とするのは、上記のすべてを管理する人だけでなく、アパートのメンテナンスと管理です。 私たちのサービスは、物件オーナー様に安心して頂けるよう保証をしっかりしており。 物件オーナー様に必要なことは初期費用の支払いと物件の提供のみで賃貸収入を受け取るだけです。


なぜ賢い物件オーナーは法人向けレンタルを選ぶのでしょうか? (旅行者向けのレンタルではなく)
26 Jun 2017

なぜ賢い物件オーナーは法人向けレンタルを選ぶのでしょうか? (旅行者向けのレンタルではなく)

ホーム・シェアリング・マーケットプレイスは世界を席巻しています。 しかし、住物件オーナー/ホストは本当に相応の利益を得ていますか? 家庭用共有プラットフォームは数多くありますが、複数のプラットフォーム通知、チェックインとチェックアウト、ハウスキーピング、問い合わせに対応するとった面倒な作業に追われる事になります。 近頃はますます、民泊の規制の緩和により、短期賃貸借の代替案を探している資産所有者が増えています。 その中でもMetroResidencesは、企業のゲストをt-ゲットのしており、ゲストの長期滞在機関は1ヶ月以上です。 さらに、私たちがすべての管理と部屋の修繕を担当しています。


えっ!?MetroResidencesを活用すればこんなにも家賃収入が増えるの!?
20 Jun 2017

えっ!?MetroResidencesを活用すればこんなにも家賃収入が増えるの!?

MetroResidencesを利用してみませんか? しかし、掲載までのプロセス全体について不確かで面倒くさいと考えていらっしゃいますか??? 実は手続きがすごく簡単なんです!! 私達メトロレジデンスは、面倒なことはすべて私達が行い、さらに付加価値サービスとしてオーナー様を支援します。


私の持っている物件は商用レンタルに向いていますか??
12 Jun 2017

私の持っている物件は商用レンタルに向いていますか??

今すぐに詳しく話を聞きたい方は [email protected] まで お問い合わせ下さい。 資産所有者様は、より高い賃貸収入を望んでいるでしょう。 これは、賃貸市場が弱体化するという望ましくない状況に直面した場合により顕著になり、長期間にわたる賃貸利回りの低下につながります この賃貸収率の増加を助ける為の Airbnb や Homeaway のようなバケーションレンタルのプラットフォームはありますが、 これらを運営するには複数のプラットフォームの確認、毎日のゲストのチェックインとチェックアウト、部屋の掃除、さらにゲストとの連絡といった面倒くさい作業をしなければなりません。  しかしながら、ほとんどの資産所有者様には、仕事、家族サービスなど既存の約束があり時間が限られています。



Page 1 of 212